キャッシングしてみてぼくが思ったこと。

収入証明書はどんなときに必要?

金融業者にキャッシングをお願いしようと、公式サイトを見てみると、申込み条件に収入証明書が必要と記載されていることがあります。ただ、場合によって不要なときも。

 

どういうことか?何だかよく分かりませんよね。ここでは、そんなよく分からない収入証明書について触れていきたいと思います。

 

 

収入証明書は一定の条件で必要となる

大きな金額を、金融業者が利用者に融資するとき「本当に融資をして大丈夫なのか?」という判断をするために必要となります。では「大きな金額」と判断する境界線の金額は?

 

ズバリ50万円以上となっています。

 

キャッシングの希望額が50万円以上になる場合に必要となってきます。ただし、これは利用者が他の金融業者から融資を受けていない場合の話。もし他社からもキャッシングをしているのであれば、その合計金額が100万円を超えてしまうと、収入証明書が必要となります。

 

具体的には、A社から40万円・B社から40万円を既にキャッシングをしていた場合。新たにC社から40万円を利用しようと思った場合、合計金額は120万円となります。100万円を超える状況になるため、収入証明書が必要になるわけですね。

 

もし複数社からキャッシングをしている場合は注意をしましょう。

 

 

貸金業法で定められているため健全経営している証拠に

収入証明書を提出したくない。と、思っている方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、50万円以下のキャッシング、または合計が100万円以下になるキャッシングにするほかありません。それ以上は、どこの金融業者でも必要となるもの。

 

実は、貸金業法で定められているため「提出したくない!」は通用しないのです。もし「必要ない」と言われた場合は、悪徳業者の可能性が大きくなるため、絶対にそういった業者からキャッシングをしないようにしましょう。

 

銀行ならば必要ないのか

貸金業法で定められている、ということは貸金業法とは関係ない銀行のキャッシングなら提出しなくて良いのか?という疑問が浮かぶと思います。実はその通りで、銀行のキャッシングでは収入証明書類を提出する必要は本来ありません。しかし、借入額が多くなるにつれて、相手の収入が気になってくるのはどこでも同じです。なので、法では決まっていないものの、銀行でも自主的に収入証明書類の提出を促しています。

 

ただし、先にも言ったとおり、銀行の場合は、○○円以上の借入から提出が必要という決まりもないので、各銀行によってその額は変わってきます。貸金業法と同じく50万円以上としているところもあれば、300万円まで提出不要としているところもあるのです。