キャッシングしてみてぼくが思ったこと。

聞いたこともないような業者でキャッシングしてもよいの?

中堅に位置づけられる消費者金融業者

名前を聞いたことのないような消費者金融業者は、恐らく中堅と呼ばれる業者になることが、ほとんどかと。言い方を換えると、全国展開をしていないような地域密着型の業者となっています。

 

実は、消費者金融はアコムやモビットのような大手だけではなく、他にもさまざまな業者が参入している業界。そのため、あまり聞き慣れない名前の業者が存在していても何ら不思議なことではありません。もっというと、実は金融業者というのは開業するためのハードルがそれほど高くない世界で参入しやすいのです。中には個人で行っている方も見えるぐらいです。

 

 

基本的には問題ない?

さて、本題のキャッシングして大丈夫なのか?大丈夫じゃないのか?ですが、正直なところ、それは分かりません。“おそらく”大丈夫でしょう。とぐらいしか答えることができません。それほど、多くの業者が存在するため「全部が全部、問題なく経営している」とはいえないからです。

 

要は、一般企業でも多くある中、全て健全経営をしているのか?と問われると「Yes」と答えられないようなものです。(脱税やインサイダーなどなど毎日のように取り上げられていますよね)

 

消費者金融の場合は金貸しというイメージもあって、大手じゃないとみんな悪いと思われがちですが、それは少しオーバーな考えです。小さな会社であっても一生懸命、運営している消費者金融もたくさんあります。となると、良い業者と悪い業者をどう見分けるかが問題となりますが、悪質な業者に引っかからないためにも、チェックして欲しい点がいくつかあります。

 

1つが、「消費者金融業者として起業しますよ」ということを、しっかり国に届け出をしているのか?

 

もう1つが、法定外の金利になっていないか?

 

この2つです。もちろん契約書はしっかりと理解してから利用することも大事なチェックポイントです。これらをクリアできていれば、問題ないといえるでしょう。

 

もし問題が発生した場合は、直ぐに消費者生活センターなど、然るべきところに相談するようにしてください。